世間でよく言われているように、車の買取査定では、走行距

世間でよく言われているように、車の買取査定では、走行距

世間でよく言われているように、車の買取査定では、走行距離が10万キロを超えているものだと、査定してみると価値がつかないことが多いです。

とはいえ、タイヤを変えてからまだ日が経っていなかったり、車検がまだ半年以上残っているような場合など、何らかのメリットがあるとすれば値段がつく場合もあるので、諦めてはいけません。 続きを読む